Hair Line:ヘアーライン

グレイバーと呼ばれる彫刻刀で、地金表面に髪の毛の様な細いすじを彫り込む技法です。間隔と力のいれ具合がそろうようになるまでには長年の熟練が必要です、錦糸を織り上げた様なやわらかな風合いはジュエリーの形をより美しく表現することができます。ピンクゴールドやイエローゴルドは色合いが強調されコントラストがはっきり見えてくるのも特徴です。
ジュエリーを松ヤニで固定し、特殊な台に取り付けてから作業を始めます。彫刻刀刃先の管理など日頃から道具には気を使います。固定に使う台は当店の先代が考案した道具で、現在では世界各国の職人さんに愛用されています。
しっかりと台に固定したら、グレイバーという彫刻刀で髪の毛のような細い線を1本1本丁寧に彫り込んでいきます。写真のジュエリーは爪の大きさと同じくらいの小さなクローバーです。
クローバーの葉、1枚にラインが入りました、この後、周辺の調整をして仕上げていきます。このように均等に線を掘れるようになるだけでも、相当な経験が必要です。
全体にヘアーラインが入りました。ラインが入るとふっくらとしたやさしい葉の表情が浮かび上がってきます。この後パヴェの工程に移ります。