Open work:透かし彫り

比較的ボリュームのあるジュエリーに軽快さと、他では出会えないオリジナリティーを与える技法です。デザインに合わせて金属の板の上に 定規、コンパス等を使いケガキ線を入れ、ケガキ線にそって ドリル、糸ノコ、ヤスリ等で不要な部分を切り抜いて空間を創っていきます。

タガネと呼ばれる彫刻刀で彫り込み、全体にタガネ独特の照り返しのある表情を与えていきます。同時にメレダイヤを彫り留めるツメを立たせていく工程も行います。彫り込まれた地金板はミガキとは違った特有の輝きと、軽やかなラインを持ちます。

ベースとなる金属にけがき線を慎重に入れていきます。出来上がりのバランスを左右する大切な作業です。1本1本確認しながら慎重に進めます。
けがき線に合わせてドリルを使って空間を作ります。ドリルの刃先を細かく変えて、目的の大きさになるまで丁寧に削ります。
彫りがだいぶ進んできている状態です。彫り込みながら、宝石を留める「ツメ」の部分を掘り起こしていくという複雑な工程です。
彫り上がりです。タガネ独特の輝きを放つ彫りの面の表現も大切ですが、宝石の4隅のツメ(丸いぽっち)の仕上がりの美しさにもこだわって仕事をしています。